働かざる夫婦の堕落日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼になりたい。ピエロはもう嫌だ。

<<   作成日時 : 2004/10/04 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

10月3日、日曜日。

旅館のフカフカ布団でゆっくり寝れたお陰で、お酒も残らず、気持ち良い朝を迎えられた。
美味しい朝飯を食べた後、コーヒーを飲みながら新聞に目を通す。
イチロー、やはりあなたは天才だ。
日本人が大リーグでこんな凄い大記録を打ち立てるなんて、素晴らしいことだ。感動をありがとう。
その後、ゆっくりと朝風呂に入る。
あぁ気持ち良い。なんかもう東京に帰りたくない。
今日の午後に友人と会う約束さえしていなければ、間違いなく山梨県に連泊していただろう。
マジに「ゴメン、風邪引いて帰れなくなった」と仮病の電話をしたい衝動にかられるほどだ。
石和町の駅まで車で送って頂き、ヤモさんとAさんとお別れする。
また来ますよ。 この素晴らしい山梨県に。 ヤモさん、本当に感謝感激です。

11時前の電車に乗って、一路東京へ戻る。
電車の中で、新聞を広げながら、一生懸命に競馬の予想をする。
そうなのだ。今日はG1スプリンターズステークスである。
友人と競馬しに行くことにしていた。
私は馬券を買うのは1年ぶりくらいだろうか。
最後に買った13レース分は全て外れたので、最後に当たったのはもう記憶に無いくらい昔だ。

そもそも、競馬は絶対勝てない。 才能もセンスも無いし、テラ銭25%は多すぎる。
しかし昔は何度か万馬券当てて、財布が曲がらないという気持ち良い想いしてて、
トータルは余裕でマイナスなのに辞めることができない時期があった。
有馬記念でメジロパーマーが逃げ勝ったレースの時、絶対に荒れるという自信があり、
新聞で300倍以上の倍率85点を全て買うという暴挙に出た。
レースは予想通り300倍以上の大荒れになり、取った〜と大喜びするも、何故か馬券が無い。
新聞に目をやると、予想オッズは297倍。
・・・もう立ち直れなかった。 あれで競馬を辞めることができて、逆に良かったのかもしれない。

府中で待ち合わせの予定だったが、雨も降っているし、京王線に乗り換えるのが面倒だ。
そもそも中山開催なのに、府中までわざわざ行く理由が無い。
待ち合わせ場所を立川に変更してもらい、1時過ぎに落ち合う。

場外馬券場で中山と阪神の9〜12レース、計8レース分を購入する。
もう勝てないのは分かっている。
ただ、どうしても当てたいので、1レース6点平均で全部100円で買う。可愛いもんだ。
中山と阪神のメインレース以外は、ほとんど予想もしておらず、ヤマカンで買った。
すると、やはり甘くない。 中山阪神9、10の4レース分は全て外れた。
しかも、結果を待つためにパチンコ屋で時間つぶしした為、そっちでも負け街道を猛進した。
なんでジャグラー如きが12000円使って当たらないのかと憤慨する。
切ってるんだろ、GoGoランプを。 飾りなんだろ、このランプは。

メインのスプリンターズステークスが始まるので、テレビを見に行く。
おお、この緊迫感と高揚感。 久しぶりに田舎に帰ってきたような心境だ。なんか違うな。
レースが始まり、4コーナーを曲がり終えたあたりで、私の右手拳にも力が入る。
いいぞ、5番行け、そのままだ。 1番残れ、いや12番の方がオッズ高い。12番行け!
よしゃーー! 取った!
審議になってはいたが、5番も1番も12番もBOXで買っていたので、余裕の勝利である。
願わくば12番が入ってれば恐らく万券確実だったろうが、どうやら1番が2着で決まりそう。
まぁそれでも新聞での予想オッズは50倍近い。 有り難い。これで本日の競馬はプラスか?
・・・24倍程度なのか。残念。
阪神の11レースも取りはしたが、8倍強程度では取ってもチャラみたいなものだ。
結局12レースは2つとも外した。 トータルでもやはりマイナスだった。
しかし、ちゃんと予想したメインレースがきっちり当たってくれたのは嬉しい。
でも溺れないよ。 だって金稼げないギャンブルはしたくないもん。

しかし、なぜ私は今、金を稼げないパチンコ台に座って、現金投資しているのだろうか?
友人がどうしてもパチンコやりたいとの事で、P店に強引に連れていかれた。
まぁでも5千円で絶対辞めるといってるし、その程度なら遊び賃として負けてやろう。
一応、ノリ打ちでやることになったが、どうせ当たらないから関係ないんだけどね。

2人ともに5千円は即座に飲まれた。
さぁ帰るよと友人をせかすも、あともう5千円だけと金を使う。
おいおい、諦めが悪すぎだ。 
こんな千円20回くらいしか回らない台に、夕方6時で現金投資するのは負け組だと教えるも、
友人は打ちたいからとムリヤリ玉を買って打ち始める。
いや、君が勝手に独りで打って独りで負ける分には構わないよ。
だけど、今、私とノリ打ちしてるんだから、キミの金は私の金でもある。
あぁでももう目がイッてて辞めようもない。
しょうがない。 じゃああと3千円だけ付き合ってやるよ。

2人ともに3千円は即座に飲まれた。
すると友人は、あともう2千円とせがむ。
あぁ、これは典型的パチンコ依存症の負け人間だ。
何度も辞めよう、絶対負けるよこんな打ち方と説明するが、
今日が最後、明日からは絶対私の言うことを聞くと言う。
じゃああと2千円だけ付き合ってあげよう。
・・・あぁ俺って優しい。優しすぎる。

すると友人が単発が当たった。
なんで当たるかな? こんな台で当たっても時間の無駄。 はっきりいって友人の為にならない。
さっくり負けて、やはり私の言うことを聞けば良かったという方向に持っていきたかった。
その後、すぐに再度単発を当てたので、1箱貰って別の台を打つ。
もちろん2人の金だから、最善の努力をして台を選び、最善の努力をして回した。
しかし、所詮悪釘でも客が溢れる都会のパチ屋だ。 しかも競馬好きが集まる日曜日。
優良釘なんてあるはずもない。
2人ともにサックリと飲まれて、私自身は少しホッとした。
やっとメシ喰いにいけるよ。

・・・オイオイ。なに別の台を探してるんだよ。
腕を掴んで店を出ようとすると、腕をふりほどいて
「あと10分だけ待ってよ」と言いながら、一生懸命データを見ている。
そもそも釘を見ないで、ハマリ台を狙うこと自体、
友人の考えは間違ってるんだぞと教えたはずなのだが、すっかり忘れているようだ。
好きなハマリ台を見つけたようだ。 ドカンと座って投資マンマンだ。
もはや付き合ってられない。
「まだ投資するんなら、ここでノリは辞めだよ。俺は負ける台にこれ以上投資できないから」
というと、「いいよ」と友人は言う。
あぁ良かった。 はやく負けて目を醒ましなさい。

・・・1000円で当てやがった。
しかも、持ち玉で確変当てて、連荘始めやがった。
ノリ打ちを辞めた途端に、見事に当てるとは。 そんなに俺を負けさせたかったのか?
待ってる時間に等価スロットのハイエナをするもスカって負債を増やし、
友人は自分の投資分を全て取り返してワッショイワッショイ一人勝ち街道爆進中。
これじゃあ俺はただのピエロ。道化師のソネット。さだまさし。
やるんじゃなかった。 俺は馬鹿だ。

友人と食事に行き、今回は運が良かっただけ、絶対もう無駄な投資は辞めるように言う。
友人は、「分かった、もう2度としない。次回からは言う通りにする」と言うが、
私は半ばもう諦めている。
だって、何度止めても、私の言うことを全く聞かず、最後は運だけで勝ってしまったからだ。
まぁいい。 どうせノリ打ちは今回が最後。
次回からは、泣こうがわめこうが絶対にノリ打ちはしない。
それで負けさせて後悔させて、私の言うことを実感してもらう。
そうでないと、この友人はこれからも図に乗っていくだけだ。
これからは鬼になるぞ。
私は立派は鬼になるぞ。
そして友人は桃太郎。
・・・退治されちゃう。 

パチ収支 −28000円

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
鬼になりたい。ピエロはもう嫌だ。 働かざる夫婦の堕落日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる