働かざる夫婦の堕落日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本一周旅行、愛媛広見にて

<<   作成日時 : 2004/09/04 08:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
九月一日、水曜日。

遂に今日、東京へ向けて出発する。
台風のお陰であまりに長い休暇だった。
身体はもう走りたくてウズウズしている。

朝五時に起床し、実家での最後のご飯を食べ、七時に出発した。
国道502号で臼杵市を目指す。
道は狭く歩道も路肩もほとんど無いが、下り坂が多いのと車通りが少ないのは嬉しい。
そういえば今日は新学期初日。
大勢の子供達が休みボケの顔で登校している。
実に微笑ましい。
ガキ供よ、ちゃんと勉強して立派な大人になれよ。

野津町に入り、いきなり警官に呼び止められた。
今回の旅では初めての職質だ。
こんな立派な大人である私に職質かけるとは、なかなか人を見る目を持っている警官である。
いろいろ質問されたが、最後は励ましの言葉で送り出してくれた。ありがとう。

臼杵市にはかなりハイペースでついた。
ラッキーなことに、フェリー出発時間ギリギリで飛び乗れた。
このフェリーを逃すと二時間待たされるので有り難い。

私はフェリーが好きだ。
なんか旅してる気にさせてくれる。
写真は私の乗ったフェリー。
こじんまりしているが、中はとても綺麗で乗り心地は良かった。

そして愛媛県の八幡浜市に着いた。
今日はここに泊まる予定だったが、時間はまだ午前中。
しかも、久しぶりのサイクリングをまだ堪能出来てない。まだ走りたい。
よって急遽、宇和島市まで行くことにした。
タウンページで安いカプセルホテルを見つけたからだ。

県道25号で隣町の宇和町まではずーっと上り坂だった。
さすが日本一と名高い山道の多い愛媛県である。
時間にも余裕があるから、ゆっくり自転車を押して登る。
起伏は激しいけど、お遍路さんの影響なのか、歩道はちゃんと完備されているのは有り難い。

宇和町に入ると平坦になった。
この町はかなり海抜の高い場所にあるようだ。
コンビニでカップラーメンを食べてエネルギー補給し、合流した国道56号を南下して先を目指した。

吉田町との境であるトンネルに入ると一気に海沿いまで下る。
凄い長い下り坂だ。
気持ちいい。超気持ちいい。もう幸せです。ありがとうございました。

海沿いから内陸に入り、起伏を乗り越え、宇和島市街地に着いた。
駅前に行き、カプセルホテルを捜すも見つからない。
潰れたのかを確認する為に、現地の人に聞いてみたが、昔からカプセルホテルなんて存在しないと言う。
そんな馬鹿な!
もう一度じっくりタウンページを確認して、その理由が判った。
何故か宇和島市の項目に松山市のホテルが載っていた。
松山市なんて瀬戸内海側の凄まじく遠い都市だぞ。
酷い誤植だ。

宇和島市内のホテルを確認するも、どれもかなり高い。
こうなったら、7Kmくらい先のキャンプ場に泊まろうと覚悟を決めた。
コンビニで夕ご飯を買って、国道320号で隣町の広見町を目指す。

これがまた上り坂ばかりで嫌気がさしてきた。
しかも、キャンプ場が近くなると、霧雨まで降ってきた。
ヤバイ、テント貼れない。
仕方なく広見町の旅館を捜す。
なかなか安い旅館が見つかったから、今日はそこに落ち着こう。
安いだけあって、かなりボロく、とってが壊れてるから、部屋に入ってドアを閉めると出られない。笑える。なんか笑える
でもおばさんはとても優しく良い人だから全然許せる。
さあ明日はかなりキツイ道程になりそうだから、今日は早めに休むとしよう。
オヤスミ、チュッ!

支出 宿泊費 3300
飲食費 987
雑費 1790(フェリー代)
パチ 収支 打ってない
体重 67Kg

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本一周旅行、愛媛広見にて 働かざる夫婦の堕落日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる