働かざる夫婦の堕落日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本一周旅行、遂にフィナーレ

<<   作成日時 : 2004/09/18 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

9月18日、土曜日。

今日、私の2ヶ月以上にわたる長旅が無事に終了した。
以下に今日の日記を書くことにする。

朝6時に目が覚めた。もっと早くに起きたかったが疲れていたのだろうか。
この時間に起床となると、自宅に帰り着くのは少しキツイので、横浜市あたりを目的地として目指す。
6時半に三島市のサウナを出発して、国道1号に入る。
しかし、いきなり歩道が切り離されて迷子になり、箱根の山登りを開始したのは7時になった。

ママチャリ黒王号ではこの起伏は辛い。ほとんどの場所を押して登る。
ただ、三島側から登る場合、歩道が完備されているので有り難い。
小田原側から登る場合だと、起伏も激しい上に歩道が無いから死亡遊戯である。
登り始めてすぐに汗が噴出す。
気温は低いが、やはりこの長い登りはハンパじゃないほど体力を削る。
しかし、足は止まらず前に進める。体調はすこぶる良いから、休憩しないで頑張った。

山を登っていくと、どんどん濃霧になっていった。
霧の流れが見えるくらい、前が白く染まっていく。
この辺りは三島市が一望できる眺めの良い場所なのに、全く見えないのは残念だ。
しかも霧雨まで追加されてしまう。
まぁ汗で全身ビッショリだから少々の雨では全く気にしない。

順調に登り、10時前に箱根峠に着いた。
まだこの先にも登りはあるが、一応最大の難所はクリアしたのだ。感激もヒトシオである。
しばらく峠の道の駅で休憩した後、箱根の町内まで一気に下る。
3連休の初日だから、箱根町は観光客でにぎわっていた。
芦ノ湖の綺麗な眺めを見ていると私もここで癒されたくなるが、どうせ旅館はバリ高な上に満室なのだ。

しばらく進むと、また上り坂になる。
この上り坂は距離はそれほど長くないが、歩道が全く無い上に車通りが多いから精神的に疲れる。
観光バスがバンバン横を素通りしていく中を慎重に登っていった。
そして、国道1号の一番高い標高である874m地点に到達した。
ここからはもう気持ち良いくらい下りまくりである。
ウニョウニョと道が曲がっているから、車よりも速く走れるので、歩道は全く無いけど気にならない。だって車が来ないからだ。
すごいスピードで走り続け、箱根湯元を通り過ぎ、小田原市に入ったのは11時前である。
なんと箱根の山越えに4時間かからなかった。
一昨年は4時間半だったから、記録更新である。なにげに嬉しい♪

これだけ早く山越えしてしまうと欲が出てきた。
今日中に帰るぞ!
この最大の難関を越えてしまえば、あとは藤沢市の1号バイパスにさえ入らなければ難所は無い。
これはもう貰った。勝ったも同然だ。いやしかし自宅に帰るまでが遠足だ。気は抜かない。

順調に大磯、平塚、茅ヶ崎と越えて、藤沢市に入った。
一昨年ここで藤沢バイパスに入って死ぬような恐い目に会ったから、ここは慎重に普通の1号を目指す。
・・・藤沢バイパスに入った。あり?
何故だ!? これほど注意していても、どうしてもバイパスに向かってしまう。
これはもう看板に問題があるとしか思えない。
しかしもはや後戻りできない状況になった。こうなったら行ってやる。

どうしてこの藤沢バイパスが恐いかというと、歩道が無いだけでなく、路肩もほとんど無く、最悪なのは車のスピードが高速道路並なのだ。
横10cmを時速100kmで駆け抜けていく車の恐さといったら、バンジージャンプの比ではない。ごめん。やったこと無いから比較できないや。
大型トラックが真横を疾走していくと、体から凍るような冷や汗が出てくる。
あぁ神様お願い。助けて。
・・・すると祈りが通じた。バイパス後半になって渋滞してきた。
スピードが遅ければ全く問題無しだ。車より早いスピードでバイパスを一気に駆け抜けた。

横浜駅前で迂回ミスで時間をロスしたが、それ以外は順調に走れた。
川崎市を通り過ぎ、東京に入った。
地元に帰ってきたのだ。感無量である。
夕方5時頃、環状7号線に入った。そこから左回りで進んでいった。
空も暗くなった夕方6時に高円寺を通り過ぎる。
さらに北に上り、夜7時前、板橋区の私の自宅に着いた。

遂に帰り着いた。長いようで短い旅だった。
でも、未練は全く無く、とにかく充実感で一杯だ。
今は家で一人で慰労会をやっている。
なんのことはない、ただ酒をかっくらっているだけだ(笑)

最後に・・・
こんなに楽しく幸せな旅が出来た事に感謝します。
メールや電話やブログコメントで私を励ましてくれた方々にも深くお礼申し上げます。
みなさんのお陰で、私はへこたれずに頑張れたと思います。
また、旅の途中で励ましてくれた様々な地域の大勢の方々にも感謝致します。
人の優しさに触れて、自分も多くの人生勉強をさせてもらいました。
ついでに、最後まで私を轢き殺さなかった何万という車のドライバーにも感謝してます。
約1名には轢かれたけど(笑)

とにかく、すごく楽しい旅を満喫できました。
もう年齢的にも、これほど長期間の旅はできないかもしれません。
でも、この旅は私にとって、かけがえの無い宝物であり、一生消えない大切な想い出です。
これからも、一瞬一瞬を楽しみ、人生を満喫していきたいです。
一度しかない人生ですしね♪

支出 宿泊費 0
   飲食費 1125
パチ 収支 打っていない
体重 62kg(全く飲まず喰わずだったから水分が減っただけ。多分明日には65kgまで復活するであろう)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。
自宅に帰って安心しました〜。
ゆっくり休んでください。
これからも、ご活躍くださいませ。
まあまま
2004/09/19 12:01
まあままさん、ありがとうございました。
徳島県ではゆっくりパチンコもできなかったし、事故はあったけど、
また行ってみたいですね。
今度は自転車じゃなくて、原付バイクで日本一周しようかな♪
とりあえず来年夏までは長い休みになりそう。
ゆっくり休み過ぎですね(笑
大分
2004/09/19 14:42
日本一周旅行、遂にフィナーレ 働かざる夫婦の堕落日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる