働かざる夫婦の堕落日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本一周旅行、島根大田にて

<<   作成日時 : 2004/08/06 19:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
朝六時に起床。
昨日食べれなかったカップラーメン二個を無理矢理詰め込んで、七時に東出雲を出発した。

今日も体調良く、道もなだらかで歩道もあり、素晴らしいサイクリング日和である。
ただひとつ昨日と異なるのは、非常に暑い事だ。
さすが夏。ほとほと感心させられる。

出発して間もなく、全身から玉のような汗が吹き出てきた。
さすがに旅当初に比べて暑さにも慣れてきたので、動けなくなるような状況にはならないが、それでも体力は否応なしに削られていく。
私は汗は拭き取らないようにしている。
拭き取ってしまうと汗の蒸発による体温調整が出来ないからだ。
しかしお蔭様で全身アセモだらけで無性にかゆい。
しかも汗が蒸発した後に残る塩で腕が真っ白になり、見た目が病人である。
あとこれは私だけの症状かもしれないが、乳首が痛い。いやマジである。
おそらく乳腺に塩が入り込み敏感になって、そのうえ服で擦れるからだろう。
乳首に針を刺されるような痛みである。まさに拷問。

それでも何とか進み、多伎町までやってきた。
時間は11時半位。
キララ多伎という道の駅で綺麗な海を眺めていたら、なんか今日はもう走る気が無くなってきた。
目の前の海水浴場で泳ごうかと思ったが、水着を持ってない。
持ってたとしても、30過ぎの男が一人でキャッキャッと水浴びしてたら、それだけで不審者である。軽犯罪法違反で逮捕される。

タウンページを見て宿泊場所を捜すも、多伎町まで東島根として昨日見たのと同じ本なので、安い宿などない。
仕方なく隣町の大田市まで行き、西島根に安い宿がある事に期待する事にした。

大田市に入るといきなり長い坂道になる。
自転車を押しながら歩いて越え、大田市街地の近くまできたところで公衆電話のタウンページを調べる。
あぁ近くに安い宿は無い。
浜田市から先にはあったが、私の脚力では到底無理な距離だ。
仕方ない。もはや先に進む気力がない以上、高いビジホに泊まろう。
(もはやキャンプという選択肢が無いほど贅沢に溺れる)

ビジホには2時前に着いた。
チェックインまで時間があるので、久しぶりにパチンコをやる事にした。
一件目の古ぼけたパチンコ屋では、なんと古きよき名機ビッグセブンがあり、懐かしさのあまり500円打つ。
昔の余韻に浸りながら楽しみたかったが、玉詰まりが激しいので、止めて新海へ。
しかし新海も玉詰まりする。
なんだ、この店自体がダメじゃん!

この店は計1000円で止めて二件目のパチンコ屋へ。
羽物の種類が豊富でウキウキするも、どれも釘が悪い。
店内を見回ると、なんとオークスがあった。懐かしい!
しかもヘソ寄り全ての釘が良く見えたので打ってみる。
回る。ブン回る。千円25回転を越えるベースだ。
43玉交換でもこれだけ回れば食えそうだ。
2500円目で当たり、そこから5000発弱まで増えるも、全部飲まれて未練投資500円入れて終了。
時間も5時過ぎたし、遊べたから良しと考えよう。
しかし私は相変わらずセブン機は勝てない運命のようだ。

さて、飯食って風呂入ってテレビ見て寝よう。
しかし島根県は横に広いなー。まだ明日は脱出できそうにない。
早く九州に行きたいものだ。

写真は私の走る気力を吸い取った綺麗な海である。
あー泳ぎたい・・・

支出 宿泊費 5250
飲食費 1258
パチ 収支 -4000
体重 不明だが、今夜はご馳走だパパ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本一周旅行、島根大田にて 働かざる夫婦の堕落日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる