働かざる夫婦の堕落日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本一周旅行、宮崎延岡にて

<<   作成日時 : 2004/08/22 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
今日は良く寝れたので朝六時に起床した。
テレビを見て、宮崎市内を出発したのは八時半。
今日はずっと海に近い道を走るので、起伏も少なくのんびりサイクリングを楽しめそうだ。

しかし、高鍋町辺りから、何故か身体が重くなる。
平坦な道で気温も低いのに、こんなにすぐにきつくなるのは理由が解らない。
思い当たるのは、ここ一週間くらい便通が無いことくらいか。
そう考えていると、下腹部が痛くなってきた。
どうやら久しぶりに便通来たようだ。

コンビニでトイレに入る。
しかし便秘の場合、最初の固い一撃がなかなか出ないのだ。
ほんの少し出て、さあ波動砲ぶっ放すぞとキバってると、外で子供と親の声が聞こえる。
「ママーまだー?」
「もう少し我慢しなさい」
「ママー漏れそうだよー」
もう泣きそうな声で叫ぶ。子供は無邪気で時々残酷だ。
仕方なく便意を我慢して急いで外に出て代わってあげた。

すると今度は私に強烈な便意が来る。もはや歩けない。立ってるのも辛い。
しかし子供はなかなか出てきてくれない。
私も泣き叫んで急かしてやりたい気分である。

やっと空いて凄いのをぶっ放し、ホッとして出発すると、更に体調は悪化した。
たかだか便を出すのに、凄まじくエネルギーを消耗したようだ。
綺麗な景色を堪能する余裕も無いくらいキツイ。
コンビニで何度も休憩するも、やはり復調しない。
緩やかな登りも自転車を押して歩く。
日向の道の駅で、自分を奮起させる為に延岡のビジホを予約する。これで無理矢理にでも先に進む必要がある。

あまり途中の記憶もなく、フラフラとパンチドランカーのように走って、何とか延岡市内のビジホに着いた。
デカイ都市だと思っていたが、駅前は意外と閑散としていて静かな町だ。
ここでゆっくり休んで明日も頑張ろう。
もう私の実家である大分県は目の前だ。
体調が戻らなければ、親に車で迎えに来て貰う手筈も整ったし、明日はやっと実家でゆっくりできるな。

添付写真はトトロというバス停。
待ってたら猫バスが来るだろうか。
映画と同じようなホノボノとした雰囲気の場所だった。

支出 宿泊費 3885
飲食費 1895
パチ 収支 実家で頑張るぞい
体重 不明

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本一周旅行、宮崎延岡にて 働かざる夫婦の堕落日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる