働かざる夫婦の堕落日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本一周旅行、宮崎都城にて

<<   作成日時 : 2004/08/20 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
阿武金メダルやったー!
感動して思わず涙腺が緩んでしまった。
なんか寝るのが勿体ないな。
もうちとテレビを見ていよう。
そして就寝は二時過ぎになった。

朝六時に起床する。
今日は75Kmくらいの走行距離だからあまり早起きの必要ないが、ニュースでアテネの感動を再度味わいたい。
テレビを食い入るように見て、結局鹿児島市内を出発したのは八時過ぎになる。

さすがに何日間も休んだから、体調は良い。
今日から数日間は国道10号を走ることになる。
願わくば歩道が完備されてて起伏が少なくなりますよーに。テクマクマヤコンテクマクマヤコン。

しかし市街地を抜けるといきなり最初の願いは裏切られた。
歩道も路肩も無い。無い。無いんジャー!
正確には歩道も路肩もほどほどにあるのだが、雑草がミッチリ生い茂り、全く走れない。
鹿児島県は税金を何に使ってんだー!金返せ!払ってないけど。
もしかして日本の酸素不足を補うという深遠かつ壮大なる秘密計画かもしれんが、歩行者はたまったもんじゃない。
左は雑草、右はトラックに挟まれ、トンカツサンドになりそうだ。
雑草にはぶつかっても死なないが、トラックは確実に昇天するという緻密な計算を立てて、雑草を掻き分けるように進んだ。

姶良町の少し手前で事故は発生する。
雑草の中に頑丈なツタがあったようだ。
左ハンドルが絡まり、自転車は急激に操作性を失う。
体操跳馬選手のように、私の身体は綺麗に宙を舞う。
そして四つん這いで見事な着地を決めた。
ただ、下腹部にハンドルが突き立ったのは減点対象になるだろう。
あと5cm下だったら、私は女になるところだ。いやん。
しかし凄まじく痛い。
しばらくうずくまり動けなかった。
しかも、目の前にスズメバチがブンブン飛んでる。ヤバイ。もう勘弁してくれ。

急いでその場を離れ、コンビニで痛みが取れるまで休憩する。
一時間ほどたち、やっと出発した。

その後は順調に進み、国分市まで来た。
しかし、ここで二番目の願いも叶わなかった。
国分市から内陸に入るから、ある程度の起伏は覚悟していた。
しかし、海沿いを離れてすぐに驚異的な山越えを体験させられた。
一つの登り道の長さだけなら、今回の旅で最長かもしれない。
登れど登れど先が見えない。気温も上がり汗だく。もう一思いに殺せと言いたい。でも死なない程度にして。
こんな道が宮崎県まで続くのか?と絶望する。
そんなに長かったら宮崎は富士山並の高度に位置する。

ずーっと自転車を押して登り、7Kmくらい登っただろうか、やっと頂上に着いたようだ。
さあ少しは下り道で楽させてくれるかなーと思ったら、想像を遥かに越える楽さぶりにビツクリ!
なんとそこから20Km以上の道程のほとんどが緩やかな下り坂だ。
あまりに楽過ぎて、カロリー消費しない事を心配するほどだ。

県境も下り坂のまま宮崎県都城市内に入った。
安いサウナ・カプセルがあり、今日はカプセルに泊まる事にした。
アテネをゆっくり見たいしね!

体重を計ると驚異的に痩せてる!
あまりにも減り過ぎだから、体重計がおかしいのか、それとも身体の水分が抜けただけだろう。
ぬか喜びしないところがシャイでニヒルな私である。言ってて恥ずかしい。

添付写真は雄大な桜島である・・・うまく撮れてないところがシャイでニヒ(略)

支出 宿泊費 3000
飲食費 1170
パチ 収支 打ちません
体重 66Kg

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本一周旅行、宮崎都城にて 働かざる夫婦の堕落日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる