働かざる夫婦の堕落日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本一周旅行、京都舞鶴にて

<<   作成日時 : 2004/08/02 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
まず初めに、TETSUさん、ブログで紹介して頂いてありがとうございます。
携帯からコメント方法がわからなくて、ここで御礼してすみません。
読んで頂いた方に励まして頂くと、うれしいし、また明日も頑張ろうという意欲が沸いてきます!

さて、今日は朝六時に起床。
さすがビジホ、寝心地最高で疲れも吹っ飛んだ。
昨日食べ切れなかった分を朝飯として詰め込み、七時に福井の美浜町を出発し、国道27号線を京都方面に進む。

私は走ってる間、脳内で歌を歌う。
調子いい時は、僕らはみんな生きているが流れる。
疲れてくると、部屋とYシャツと私が流れる。
死ぬほど疲れると、さざんかの宿が流れる。何故?
ピンチになると大事MANブラザーズのそれが一番大事が流れる。

今日は朝から、僕らはみんな生きているが流れてる。
近所のコンビニでVARMを飲んで、もはや鬼に金棒、矢でも鉄砲でも持ってこいという気分。

隣町の三方に入って、向かい風という鉄砲に撃ち殺される。
もう全く進めないほどの強風。
三歩進んで五歩下がる感じ。
体重が軽かったらカムチャッカ半島まで飛んで行きそうである。
気がつくと、脳内ではいきなりさざんかの宿が鳴り響く。
反対車線を風に乗ってさっそうと駆け抜けて行く自転車通学の小学生に嫉妬する始末。

平坦な道なのだが、隣町まで自転車を降りて押して行く事にした。
ゆっくり進んで、上中町に着くと、進路が変わって追い風になる。
ああ、助かった。
道は狭く危険なのだが、一気にペダルが軽くなり、ぐんぐん進んでいった。

気がつくと小浜市街地に着いていた。
最高に気持ち良くサイクリングが楽しめた。
小浜市から高浜町に至るまでは、海沿い道が多く、眺めも素晴らしい。
ビーチも幾つもあり、どこも水着ネーチャンで一杯だ。
私も飛び込みたい。海じゃなくて水着ネーチャンの胸に。

高浜町から京都に入るところで、なだらかだが長い登り坂になり、部屋とYシャツと私が脳内に流れる。
京都に入ると下り坂になったが、左車線には歩道も路肩も完全に無く、右車線に移ろうにも車が多くて移れないというピンチになる。
ライトバンに轢かれそうになり、脳内に大事MANの曲のサビだけがリフレインしていた。

やっと平坦になって落ち着いたところで、今日の宿を捜す為に、コンビニに入ってタウンページを借りる。
体力的には宮津市までは行けたが、安い宿泊場所が見つからないので、雑誌に載ってた舞鶴市の3500円のビジホに泊まる事にした。
こういう雑誌やタウンページで非常に安い提示をするビジホは、大概は電話すると満室だからと嘘をついて高い部屋を勧めるが、ここは良心的だった。

宿が決まったので、次は暇潰しのパチンコ屋捜しだ。
その前に東舞鶴駅で駅弁を買う。
小鯛すぐめ寿しという弁当だ。
ここ京都では鯛が有名らしい。いや、舞鶴市内だけかも知れない。
しかし、この各地の駅弁を喰うという企画は、正直ツライ。
とにかくぼったくりなほど糞高いのだ。
育ち盛りの私には腹の足しにもならないほどの少量で1000円!

この負債を取り返す為にパチンコ屋に行くも、京都は異常に渋い。
数件覗いたが、今回の旅で最低クラスの釘ばかり。
こんな釘には一円たりとも打てない。
もし東京がこんな店ばかりだったら、きっと暴動が起こる。百姓一揆が起こる。

もういいやという事で、マイヅルマリンというビジホに向かう。
途中で赤レンガ博物館の横を通りながら、はっと気がつく。
ここはもしかして、テレビCMのそうだ京都に行こうで撮影された場所じゃないか?
素晴らしく趣のあるレンガ倉庫が何個も立ち並ぶ。
そこから少し行くと、海上自衛隊の軍艦や、造船所の超巨大タンカーがあり、その迫力に圧倒された。
その先の公園には蒸気機関車なども展示されていた。
さすが京都!
見る物全てが斬新で感動だ。

そしてビジホに着いた。
結構遠く、見た目もボロいが、部屋からの眺めは素晴らしい!
近所に食事出来る場所もコンビニも無いのがネックだ。
どうやら少量の駅弁が今日の晩御飯になりそうだ。

添付写真は私の手。
手の平を太陽に透かして見たが、真っ赤に流れる僕の血潮は見つからない。
それでも僕らはみんな生きているのだ。

支出 宿泊費 3500
飲食費 1510
パチ 収支 打てない
体重 どうせ減ってないんだろうなっと。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
日本一周旅行、京都舞鶴にて 働かざる夫婦の堕落日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる